小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

ドーハ二日目:Hamad bin Khalifa Universityへ

 ドーハ二日目。午前中、Hamad bin Khalifa Universityを訪ねました。ドーハの中心から車で20分ほどの距離にあるEducation Cityの一角にある新しい大学です。目的の一つは、この大学にあるResearch Center for Islamic Legislation and Ethics(所長はあの有名なTariq Ramadan)の活動の様子を知ることです。
 副所長と話すことができました。中東でもっともcontroversialな倫理的な課題は何かと聞いたところ、移民問題とのことでした。シリア移民のことではあく、カタールをはじめ多くの湾岸諸国にいる外国人労働者の人権の問題です。
 建物が広くて、さまよっていたときに、たまたま通りかかった人に道を尋ねました。あとで、その人が Muhammad Khalifa Hassan教授(比較宗教学が専門)であることがわかりました。Samir先生と長い付き合いのある方で、たびたび名前を聞いていたのですが、こういう恐ろしい偶然があるものなんですね。私が同志社から来て、Samir先生と一緒に授業をしているというと、Khalifa先生も本当に驚いておられました。
 その後、図書館をはじめ建物内部を親切に案内してくださいました(写真は図書館)。建物はとても斬新で、モスクもミナレット(二つの塔)も伝統的なスタイルとはかなり異なるものです。

月別の記事一覧