小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

花岡山の風景、熊本バンド奉教の碑

 熊本城周辺を歩いた後、花岡山の山頂にある熊本バンド奉教の碑を訪ねました。あの時代、キリスト教への傾倒を表明するのは大変勇気のいることですが、結果的に彼らの母校である熊本洋学校は廃校に。しかし、彼らの能力は同志社で花開くことになりました。
 同志社が今あるのも熊本の若者のおかげだ、熊本出身者の授業料は半額にしてもよいほどだ、という話を模擬講義でもしました(笑)。
 花岡山は決して高い山ではありませんが、熊本市内を眺望することができます。熊本城を眼下に眺めることができますし、また、彼方に阿蘇山を見ることもできます。
 頂上は小さな公園になっており、一番目立つのは何と言っても仏舎利塔です。インドのネールから寄贈されたと説明にはありました。
 中心から少し離れたところに、「奉教の碑」があります。説明パネルを読むと、同志社設立90年を記念して寄贈されたことがわかります。碑の前には礼拝のためのスペースが設けられています。

月別の記事一覧