小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

新著紹介『一神教とは何か』(平凡社新書)

 2月17日発売の新著『一神教とは何か──キリスト教、ユダヤ教、イスラームを知るために』(平凡社新書)を一足早く紹介します。
 Amazon 等のオンライン書店で予約も可能なので、関心ある方はお買い求めください。何と言っても、新書なので値段が886円と安いのがいいです。専門書の場合、なかなかこうはいきません。
 一神教研究は私のライフワークの一つですが、とりあえず、現時点で考えている事柄をまとめてみました。まだまだ勉強不足が否めませんが、それを言い訳にしていてはいつまでたっても、成果を世に問うことができません。ちょっと勇気を出して著した本です。
 まったくの初学者が読んでも、納得して読み進めることができるよう、わかりやすさを心がけました。多くの方に読んでいただける内容になっていると思います。
 以下、参考まで目次を記しておきます。
 
はじめに
 
第一章 日本文化論としての一神教批判
 1 日本は寛容なのか
 2 日本文化から見た一神教
 3 「大きな物語」としての一神教
 
第二章 一神教の起源と展開 ── グローバル・アクターとしての一神教
 1 「一神教」とは何か
 2 多神教世界における一神教の誕生
 3 一神教の文明論的系譜
 4 現代における一神教の広がり
 
第三章 一神教の基本的な考え ── 何が同じで、何が違うのか
 1 創造論
 2 終末論
 3 偶像崇拝の禁止
 
第四章 一神教世界における戦争 ── 戦争は不寛容の結果か
 1 戦争論の類型
 2 絶対平和主義
 3 正戦論
 4 聖戦論
 5 宗教多元社会における正義の模索
 
第五章 現代世界における課題 ── 不寛容をいかに抑制するか
 1 世俗主義と原理主義
 2 政教分離
 3 犠牲の論理
 
おわりに──「寛容の文化」を育てていくために

 

月別の記事一覧