小原克博 On-Line

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報 第1329信(2016.07.11)

  • 暴露本出版の記者にバチカン裁判所が無罪
  • チェコで「ヤン・フス記念年」終わる
  • 『ビリー・グラハム緊急応答チーム』がダラスへ
  • 中国浙江省温州市当局が教会に資金移譲要求
  • 「北朝鮮人権博物館」がソウルに開設
  • 実物大『ノアの箱舟』が米ケンタッキー州で完成
  • 米国に新興宗教「大麻教会」がまた誕生!
  • 青い海に囲まれ〝終活〟「ハワイアン・エンディング・セレモニー」

  

◎暴露本出版の記者にバチカン裁判所が無罪

 【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)の聖職者らによる機密情報漏えい事件で、バチカンの裁判所は7月7日、内部資料に基づきバチカンに関する暴露本を出版したイタリア人ジャーナリスト2人に対し、バチカンは表現と報道の自由を保障しており、同裁判所に「記者を裁く権限がない」として無罪を言い渡した。聖職者ら2人は有罪とした。

 今回の事件はジャーナリストの刑事責任が問われたことで、言論の自由に対するバチカンの司法判断が注目されていた。


◎チェコで「ヤン・フス記念年」終わる

 【CJC】世界教会協議会(WCC=本部スイス・ジュネーブ)の発表によると、チェコの宗教改革指導者の火刑600年記念年の行事が7月6日終わった。

 チェコ・テレビ(CT2)は6日、同国の政治的・宗教的指導者を回顧する1時間半の番組を放映した。番組の焦点は1415年に異端として杭に掛けられ火刑に処されたヤン・フスと『プラハのヒエロニムス』など今日、殉教者、信仰、知性、自由の先駆者として記憶されている人々に当てられた。

 超教派の記念礼拝は、フスと縁の深い『ベツレヘム教会』で行われた。


◎『ビリー・グラハム緊急応答チーム』がダラスへ

 【CJC】米ビリー・グラハム伝道協会は、テキサス州ダラスで7月7日夜発生した警官狙撃事件で大きな衝撃を受けている現地に、危機対策に習熟したチャプレン(牧師)複数を送り込んだ。

 現場は、1963年にジョセフ・ケネディ元大統領が暗殺された場所からも近い。欧州歴訪中だったバラク・オバマ大統領も事件を受けて滞在日程を短縮、ダラスを訪問する。


◎中国浙江省温州市当局が教会に資金移譲要求

 【CJC】中国浙江省温州市当局が教会に資金全額の移譲を要求、教会としては献金など収入の全てを差し出すことになり、困惑が広がっている。米国ワシントンに本拠を置く、中国のキリスト教抑圧監視組織『対華援助協会』が7月4日明らかにした。

 今回の指令は、キリスト教を共産党の目的に沿った制度に作り直そうという政策に沿ったものと見られる。新規制が適用された教会や教派は特定されていない。


◎「北朝鮮人権博物館」がソウルに開設

 【CJC】北朝鮮の人権侵害の実情を伝える『北朝鮮人権犠牲者記念館』が6月30日、韓国・ソウル市江南区のカルバリー・チャペル(教会)内で開館した。北朝鮮情報紙『デイリーNK』が報じた。

 記念館は、北朝鮮の人々や脱北者を支援する活動をしていた故キム・ドンシク牧師、故ハン・チュンニョル牧師など7人の業績を後世に伝えるために設立された。

 キム牧師は2001年に中国から北朝鮮に拉致され、収容所で死亡したと伝えられている。また、ハン牧師は今年4月、中国・吉林省長白朝鮮族自治県にある教会の裏山で遺体となって発見された。

 同牧師は北朝鮮の保衛部(秘密警察)の暗殺リストに載っていたことから、北朝鮮当局の関係者に殺害されたとも見られる。

 記念館開会式には遺族や脱北者、北朝鮮人権運動の関係者、キリスト教関係者など数十人が参加した。


◎実物大『ノアの箱舟』が米ケンタッキー州で完成

 【CJC】旧約聖書に登場する『ノアの箱舟』が米ケンタッキー州で実物大で再現した。テーマパーク『アーク・エンカウンター』(箱舟との遭遇)が7月7日、米ケンタッキー州ウィリアムズタウンでグランドオープンした。箱舟は、長さ約155メートル、幅26メートル、高さ16メートル。

 『アーク・エンカウンター』や創造博物館(同州ピーターズバーグ)を運営する宣教団体『アンサーズ・イン・ジェネシス』(答えは創世記に=AiG)の会長兼CEOであるケン・ハム氏は「ますます世俗化し、偏見を抱くようになっている世界の中で、キリスト者は何か大規模なことをする時」と語った。

 箱船には、聖書の記述に従って生物の複製が乗せられるが、そこに恐竜も入っているというので、論争が起きているという。


◎米国に新興宗教「大麻教会」がまた誕生!

 【CJC】米国51州のうち4州で嗜好用大麻が解禁され、医療用大麻に至っては24州で合法されている。確実に、国民の生活に浸透しつつある大麻は、ついに全米で相次ぎ「大麻教会」が誕生するまでになった。

 全米初の大麻教会はインディアナ州で昨年設立されたが、今度ミシガン州ランシングで生まれた教会は、ジェレミー・ホールさんが「正教師」と名乗っており、医療用大麻が合法とされているミシガン州に、妻と一緒に移り住んで来たという。

 「大麻教会」創立集会には約50人が集った。正教師が司る集まりとはいえ、聖書のような書物をもとに説教をするわけでもなく、特別な信条がある訳ではない。

 この教会は、それぞれの参加者が、大麻の使用により感じたスピリチュアルな何かをも持ち寄るスタイル。さらに世間の大麻使用者に対する見方を変えることを目的としているという。

 ホールさんは、月に1回の集会を定着させ、「大麻教会」を盛り上げていきたいと語っている。


◎青い海に囲まれ〝終活〟「ハワイアン・エンディング・セレモニー」

 【CJC】「エンディングノート」から始まった〝終活〟。「キリスト教式」を異教国日本で流行させた婚礼業界が「二匹目」を狙って葬祭業界にまで進出を図る中、ハワイ・オアフ島の教会で新しいエンディング・セレモニーが今夏から始まる。

 海洋散骨も受け入れるほか、仏教の各法要も「お別れ会」「記念会」として行うという。約1時間で料金4600ドル(約46万円)。教会使用料や追悼フラ、ハワイアンソング、リムジン送迎付き。


《メディア展望》

 =カトリック新聞(7月10日)=http://www.cwjpn.com
★広島教区に新司教=サン・スルピス司祭会 白浜 満 被選司教=「全員で福音宣教に励む気持ちで」
★英国のEU離脱後=憎悪犯罪(ヘイトクライム)急増を非難=イングランド・ウェールズの司教協議会会長
★自爆テロ 同日に2度=キリスト者多い村 7人死亡=レバノン
★謝罪とゆるし願う=教皇=同性愛者らへの差別で
★三末司教 逝去=広島教区で26年奉仕
 
 =キリスト新聞(7月9日)=http://www.kirishin.com
★東京・銀座 教文館=「ゆとりボクシですがなにか」=若手ならではの苦悩訴え=生徒に〝本物の礼拝〟体験を=〝女性牧師〟と拒否しないで
★大阪で9条世界宗教者会議=準備委員長の小橋孝一NCC議長が報告
★〝教派超え、一つの目標に向かって〟=第40回キリスト教美術展、銀座で15日まで
★教皇がアルメニアを司牧訪問
★教会は「同性愛者に謝罪すべき」と教皇
 
 =クリスチャン新聞(7月10日)=http://クリスチャン新聞.com
★隔離政策進めた「らい予防法」廃止から20年=ハンセン病回復者・森元美代治さん語る=好善社講演会で
★沖縄のためのバプ連「平和集会」で映画「ザ・思いやり」上映・トーク=日本が払う米軍駐留経費は年9千億円=米人監督=諧謔交え=誰のための予算?
★「恐怖」が暴力を生み出す=ルワンダ「癒やしと和解」プロジェクト佐々木和之氏
★福音歌手・森祐理さん父=森茂隆さん逝去
★お茶の水聖書学院前学院長=世良田湧侍氏逝去


 ◆世界キリスト教情報◆ご案内

☆ニュースレター(PDF)・メールマガジン(整形テキスト)・同報メール(無整形テキスト)などのお申し込み・お問い合わせは
ckoriyama★gmail.com までご連絡ください。活動自体のご案内もいたします。アドレスの★印は半角の@に置き換えてください。
☆既刊号は下の各サイトでご覧いただけます。
・ニュースレター=PDF
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/
・メールマガジン
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/
・同報メール
http://cjcskj.exblog.jp/
☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/
........................
☆CJC通信(メディア向けですが、どなたでもお読みいただけます)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/
☆CJC通信速報(Twitterを利用しています)
http://twitter.com/cjcpress/
☆RSSご利用の際は
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

月別の記事一覧