小原克博 On-Line

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報 第1393信(2017.10.02)

  • 東京のミサで『新求道共同体の道』神父も司式
  • 教皇が新福音化推進評議会のメンバーと出会い
  • 蔡英文総統がバチカン高官と会談、教皇の台湾訪問を歓迎
  • 「フェイクニュースと平和のためのコミュニケーション」がテーマ
  • 韓国のプロテスタント保守派が"反同性愛"に力
  • ニューヨーク市で2番目に古い教会を歴史的建造物指定
  • トルコの古代都市で8世紀の教会発見
  • ≪メディア展望≫

 

◎東京のミサで『新求道共同体の道』神父も司式

 カトリック東京関口教会(カテドラル=司教座大聖堂)で、日本を司牧訪問中のバチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省長官フェルナンド・フィローニ枢機卿を迎え9月24日、日本司教団および司祭団が共同司式する形でミサが行われた。

 司祭団の1人として運動体『新求道共同体の道』の谷口幸紀神父が参加していたことが明らかになった。

 ミサは、岡田武夫東京大司教が主司式し、フィローニ枢機卿が説教を行った。

 福音宣教省長官が同席したミサで、共同司式司祭の1人として谷口神父が祭壇上に迎えられたことは、『新求道共同体の道』問題に新たな展開も予想される。(CJC)


◎教皇が新福音化推進評議会のメンバーと出会い

 【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)新福音化推進評議会(議長=サルバトーレ・フィジケッラ大司教)は、9月27日から定例総会を開催。会議最終日の29日、参加者はバチカン宮殿で教皇との出会いを持った。

 バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は関係者への挨拶で、今日の教会の、福音宣教への恒久の使命に対する努力と熱意を新たにする必要を強調、昨年閉幕した「いつくしみの特別聖年」を全教会にとっての特別な恵みの時として想起した教皇は、この感激が薄まったり、忘れられることがないようにと願った。

 教皇は、教会がいつくしみの道具としてあり続けるための、その大きな責任を指摘。神のいつくしみを世に知らせるために、そのいつくしみがキリスト者の生き方の中で具体的で目に見えるものとなるべきと話した。

また教皇は、新福音化推進評議会が進める、11月19日の「第1回貧しい人たちの日」に向けた準備を奨励した。


◎蔡英文総統がバチカン高官と会談、教皇の台湾訪問を歓迎

 【CJC】台北発の中央社通信は、蔡英文総統が9月28日、総統府でバチカン(ローマ教皇庁)『人間開発のための部署』長官のピーター・タークソン枢機卿と会談し、台湾が今後も引き続きバチカンと同じ側に立ち、福音伝道と人道支援に協力していく姿勢を示した。

 また蔡総統は、教皇フランシスコの台湾訪問を歓迎する意向を示し、招待を伝言してもらいたいと、タークソン枢機卿に依頼した。

 世界的な船員に奉仕を行うカトリック教会に属する組織『AОS』(船員司牧)の世界大会が台湾南部の高雄では10月1日から7日まで開かれるのに合わせて、タークソン枢機卿が訪問した。同大会には世界50国・地域から専門家約250人が出席の予定。台湾での開催は初めて。


◎「フェイクニュースと平和のためのコミュニケーション」がテーマ

 【CJC】カトリック教会の『広報の日』は来年、ジャーナリストの守護聖人、聖フランシス・ドサーレスの日とされる1月24日に行われる。

 今回のテーマは、「フェイクニュースと平和のためのコミュニケーション」と発表された。


◎韓国のプロテスタント保守派が"反同性愛"に力

 【CJC】韓国の進歩派キリスト教団体『第3世代キリスト教研究所』研究室長のキム・ジンホ牧師(55)は「反共産主義を重要綱領に掲げた韓国プロテスタント保守派が、最近になって『従北』(北朝鮮盲従)戦略から、『反同性愛』を旗印に政治勢力化に出ている」と見る。『ハンギョレ新聞』(日本語電子版)が紹介している。

 キム牧師は9月26日、ソウル市西大門区でハンギョレ新聞記者と会見、「性的マイノリティの人権に対する社会的認識は『尊重すべき』に急速に変わりつつある」と語った。

 ■(山偏に我)山政策研究院のアンケート調査によると、同性愛者への拒否感がないと答えた割合は2010年の15・8%から14年には23・7%に増加した。

 キム牧師は「プロテスタント聖職者の間では反同性愛を積極的に主張する人々の割合が高い」とし、「全世界的に韓国の性的マイノリティの人権には否定的な指向が強いが、それはプロテスタント側の影響が大きい。プロテスタントがあまりに激しく攻撃するので、性的マイノリティたちが強い圧迫を感じている」と指摘した。

 プロテスタント各教団は総会で、同性愛問題を主要議題として扱っている。最大教派の一つである『大韓イエス教長老会統合』は、教団憲法を改正し、同性愛者または同性愛を支持する牧師や教会信者が教団機関の職員になることを禁じた。『大韓イエス教長老会合神』も、同性愛者を擁護すれば免職し教籍から除くことにした。

 キム牧師は、プロテスタントの反同性愛の基調が米国の新福音主義に由来していると言う。「20世紀半ば、米国の保守的キリスト教が南部地域を中心に『バイブルベルト』を形成して政治勢力化し、政権まで創出した。それがまさにレーガン大統領とブッシュ父子政権」だ指摘する。

 「特にレーガン政権は新福音主義勢力が『反同性愛』、『反堕胎』を旗印に掲げて成功した代表例」と、キム牧師は指摘する。さらに、「このような米国の経験をいわゆる"米国通"の韓国人牧師らが輸入し、保守大連合の主軸を形成して韓国のパワーエリート・グループと結託し、金泳三、李明博大統領選挙の過程で大きな影響力を行使した。その"反共の基調"が通用しなくなると、反同性愛運動を大々的に行うようになった。昨年の4・13総選挙のときが代表的」と付け加えた。


◎ニューヨーク市で2番目に古い教会を歴史的建造物指定

 【CJC】ニューヨーク市クイーンズ区エルムハーストにあるオールド・セント・ジェームス聖公会教会が9月19日、歴史的建造物に指定された。同市の歴史的建造物保存委員会(LPC)が、全会一致で決定した。現地邦語紙『デイリー・サン』が伝えている。

 米国が独立以前の1735年から36年にかけて英国国教会が建設した。同区フラッシングにあるオールド・クエーカー・ミーティング・ハウス(1694年建造)に続き、市内では2番目に古い教会。

 教会周辺はニュータウンと呼ばれていた地域で、英国からの入植者が多く住み、建設当時、入植者の数は1000人近かった。独立戦争時に英国軍が拠点にしたが、攻撃を免れたという。

 1999年には連邦政府から史跡として認証を受け、地域住民などが長年、市からの認定を求めていた。


◎トルコの古代都市で8世紀の教会発見

 【CJC】トルコ中西部バルケシル県ブルハニイェ区にある古代都市アドラミッテイオンで、1200年前の教会が発見された。同国のTRT通信(日本語電子版)が報じた。

 発掘作業の今年の作業が完了した。地域の新たな発見物から、アドラミッテイオン古代都市と付近のオレン丘最北部にあるベルガズテペに、銅器時代以降常に居住地があったことが確認された。

 発掘作業で、8世紀の教会建造物も発見された。一帯では、11世紀の教会がすでに発見されている。


《メディア展望》

 =カトリック新聞(10月1日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
★教皇庁福音宣教省長官 フィローニ枢機卿 来日=日本の教会の使命 強調=「平和のために働く特別な召命」
★メキシコ大地震=教皇、被災者のため祈る
★教皇、一般謁見講話で「希望の持ち方」を指南
★教皇「聖マルタの家」朝ミサ=真の共感が心を動かす
★金沢・卯辰山殉教者祭=証しの継承を祈る=「浦上四番崩れ」150年

 

 =KiriShin(10月1日)=http://www/kirishin.com
★「人文書」の可能性まだある=著者、編集者、書店、読者 「業界」の垣根越えて
★売れる本には理由がある!?=一般読者にも「知りたい」「癒されたい」ニーズ
★共立基督教研究所が新プロジェクト=「神の国と人間の回復」テーマ
★日本キリスト教会「青年の集い」に全国から約100人参加
★教皇が日本司教団にメッセージ=福音宣教省長官の訪日機会に

 

 =クリスチャン新聞(10月1日)=http://クリスチャン新聞.com
★9年ぶり 第6回東海宣教会議開催="福音への自信"次代へ
★クリスチャン新聞=創刊50周年記念集会を開催
★「神の国と人間の回復」テーマに教会の公共的使命探る=信仰の私事化超える神の国=東京基督教大学共立研究所主催=フォーラム21
★「イエスが市長だったら」=第3回戸田市宣教フォーラムにFVI・陣内俊氏
★画家マッケンジー・ソープさんが来日=「暗闇の中でも愛を運びたい」

 
◆世界キリスト教情報◆ご案内

 『世界キリスト教情報』(週刊)と『CJC通信』(不定期刊行)のご購読は、次の各サイトで既刊号をご覧願います。

・メールマガジン(各行を最大で全角36文字に整形してあります。パソコン(PC)の画面でご覧いただくことを想定しています)
http://blog.livedoor.jp/skjweekly/

・同報メール(各行の整形は行っていません。ケータイ、スマートフォンなど、それぞれの画面の範囲でお読みいただくことや保存、転載されることを想定しています)
http://cjcskj.exblog.jp/

・ニュースレター(かつてファクスでお送りしていた時と同様のイメージをPDFにしてEvernoteに掲出しています。壁面展示、とじ込みなどを想定しています)
http://www.evernote.com/pub/cjcpress/skjweekly/

☆記事検索は『教会と神学』(小原克博氏制作)をご利用ください
http://www.kohara.ac/church/

........................
●『CJC通信』(記事ごとにメディア向けに発信しています。しかし公開していますので、どなたでもお読みいただけます)

☆『CJC通信』ブログ
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/

☆『CJC通信』速報(各ニュースのタイトルをTwitterで配信しています)
http://twitter.com/cjcpress/

☆『CJC通信』RSS速報(利用されているリーダーから登録願います)
http://blog.livedoor.jp/cjcpress/index.rdf

月別の記事一覧