小原克博 On-Line

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報 第1667信(2023.01.02)

  • 名誉教皇ベネディクト16世、逝去
  • 教皇フランシスコ、12月25日正午に主の降誕メッセージと祝福
  • セルビア大統領、コソボ北部の抗議停止を要請
  • 「ベラルーシはウクライナ侵攻に参戦しないよう望む」=レズニコフ国防相
  • プーチン大統領「ウクライナ戦争終結望む」と表明
  • プーチン大統領、習主席の新年初め訪問を期待
  • 《メディア展望》

 

◎名誉教皇ベネディクト16世、逝去

 【CJC】バチカン・ニュースによると、名誉教皇ベネディクト16世は、2022年12月31日午前9時34分、バチカン市国で逝去した。
 バチカン広報局は、「名誉教皇ベネディクト16世が、2022年12月31日午前9時34分、バチカン市国のマーテル・エクレジエ修道院において逝去されたことを、悲しみをもってお伝えする」と声明を出した。
 95歳であったベネディクト16世は、2013年2月28日の退位の数カ月後より、同修道院で祈りの生活を送っていた。
 教皇フランシスコは、12月28日、バチカンで行われた一般謁見で、ベネディクト16世の重い病状に触れ、「沈黙のうちに教会を支えている」名誉教皇を「主が最後まで彼を慰め、支えてくださるよう」、特別な祈りを信者らに願っていた。
 31日正午、バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長は、ベネディクト16世の葬儀等について発表した。
 名誉教皇ベネディクト16世の遺体は、別れを告げる信者たちのために、2023年1月2日朝より、バチカンの聖ペトロ(サン・ピエトロ)大聖堂に安置される。
 名誉教皇の葬儀は、1月5日午前9時30分より、バチカンの聖ペトロ(サン・ピエトロ)広場で、教皇フランシスコによってとり行われる。ブルーニ広報局長によれば、名誉教皇はご自身が生前からそうであったように、葬儀も簡素であることを望まれていた。
 また、同広報局長は、ベネディクト16世が12月28日、マーテル・エクレジエ修道院で、ミサの終わりに、病者の塗油の秘跡を受けられたことを明らかにした。
 31日夕方、ベネディクト16世の葬儀等に関するより詳しい情報がバチカン広報局より発表された。
 名誉教皇ベネディクト16世の遺体は、マーテル・エクレジエ修道院内に1月2日の朝まで留まる。この間、公式な弔問や、公の祈りは予定されていない。
 同日午前9時から、ベネディクト16世の遺体がバチカンの聖ペトロ大聖堂に、別れを告げる信者たちのために安置される。
 5日午前9時30分から、ベネディクト16世の葬儀が、バチカンの聖ペトロ広場で教皇フランシスコによりとり行われる。参列のための入場券は予定されていない。


◎教皇フランシスコ、12月25日正午に主の降誕メッセージと祝福

 【CJC】バチカン・ニュース(日本語版)によると、主の降誕祭を迎えた12月25日正午、教皇フランシスコは、聖ペトロ(サンピエトロ)大聖堂の中央バルコニーに立ち、ローマと全世界に向けたメッセージと祝福「ウルビ・エト・オルビ」(都市と世界へ)を発した。
 降誕祭を迎えたローマは、おだやかな青空に恵まれた。バチカンの聖ペトロ広場には教皇のメッセージに耳を傾け、祝福を受けるため、世界各国からの巡礼者が集まった。
 
 教皇のメッセージはおよそ次の通り。
 
ローマと全世界の親愛なる兄弟姉妹の皆さん、主のご降誕おめでとうございます。
 おとめマリアから生まれた主イエスが、信頼と希望の源である神の愛を、そして、それと共に平和の賜物を、すべての皆さんにもたらしますように。その平和を天使たちはベツレヘムの羊飼いたちに告げました。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」(ルカ2・14)。
 イエスはわたしたちの間に、沈黙と夜の闇のうちにおいでになりました。それは神のみ言葉が注目を浴びることも、人々の騒ぐ声をも必要としなかったからです。主ご自身が、人生の意味を与え、歩みを照らすみ言葉だからです。「その光は」と福音書は言います、「まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである」(ヨハネ1・9)と。
 イエスはわたしたちの間にお生まれになる、「人と共におられる神」です。イエスはわたしたちの毎日の人生を共にしてくださるために、喜び、悲しみ、希望、不安のすべてをわたしたちと分かち合うためにおいでになります。寒さの中に、貧しい人々の一人としてお生まれになります。すべてを必要とし、暖かさと身を寄せる場を求めてわたしたちの心を叩きます。
 兄弟姉妹の皆さん、ベツレヘムの方を向きましょう。そこでは平和の君の赤子としての最初の泣き声が聞こえてきます。そうです、イエスご自身が「わたしたちの平和」です。この世が与えることのできない平和、神なる御父がこの世に御子を送ることで人類に賜る平和です。
 イエス・キリストは、また「平和の道」でもあります。イエスは、その受肉、受難、死、復活を通し、敵意と戦争の闇に押しつぶされた閉じた世界から、兄弟愛と平和のうちに自由に生きることのできる開かれた世界への道を切り開きました。兄弟姉妹の皆さん、この道を進みましょう。しかし、そのためには、イエスの後ろを歩いていくためには、わたしたちの行く手を妨げ、阻む、重荷を脱ぎ捨てなければなりません。
 これらの重荷とは何でしょうか。この「がらくた」とは何でしょうか。それらは、ヘロデ王とその取り巻きたちに、イエスの降誕を認め、受け入れることを阻んでいたのと同じ負の情熱、すなわち権力と富への執着、傲慢(ごうまん)、偽善、いつわりです。これらの重荷はベツレヘムへ向かうのを妨げ、主の降誕の恵みから締め出し、平和の道への入り口を塞いでしまいます。事実、わたしたちに平和の君が与えられる一方で、人類の上を戦争の風が冷たく吹き続けるのを、悲しみをもって認めざるを得ません。
 もし、降誕がイエスと平和の降誕であることを望むのならば、ベツレヘムを眺め、わたしたちのためにお生まれになった幼子の御顔を見つめましょう。そして、その小さく汚れない御顔に、平和を熱望する世界各地の子どもたちの顔を認めましょう。
 わたしたちの目は、ウクライナの兄弟姉妹たちの顔をいっぱいに映し出します。ウクライナの人々は、10カ月にわたる戦争による破壊のために、この降誕祭を暗さと寒さの中で、あるいは自分の家から遠く離れた場所で過ごしています。苦しむすべての人々を助けるために、わたしたちがすばやく具体的な行動を取ることができるよう、また武力を鎮める力を持った人の精神を照らし、この言語道断の戦争を直ちに終わらせることができるよう、主が助けて下さいますように。
 わたしたちの時代は、この第3次世界大戦の他の舞台となっている、別の諸地域においても、深刻な平和の飢餓を体験しています。シリアを思いましょう。そこでは、別の段階に入ったものの、終わることのない紛争にいまだ苦しめられています。聖地を思いましょう。そこでは、ここ数カ月暴力と衝突が増え、死者や負傷者を出しています。主の誕生を見たその地において、パレスチナとイスラエルの人々が対話と相互信頼の追求をとり戻すことができるよう主に祈り求めましょう。
 幼子イエスが中東全域で暮らすキリスト教共同体を支えてくださいますように。これらそれぞれの国で、異なる宗教に属する人々の間において、兄弟的共存の素晴らしさを経験することができますように。特にレバノンをお助けくださいますように。同国が国際共同体の支援と兄弟愛と連帯の力によって、ようやく再び立ち上がることができますように。
 キリストの光が、サハラ砂漠の周辺の乾燥したサヘル地域を照らしてくださいますように。そこでは、衝突と暴力によって人民間の平和的共存と伝統が混乱に陥っています。あらゆる流血の事態が収まるよう、イエメンでの恒久的な和平、ミャンマーとイランにおける和解へと導いてください。
 アメリカ大陸における政治責任者らとすべての善意の人々に、様々な国で起きている政治・社会的緊張を和らげるための努力を促してください。わたしは特に長い間苦しんでいるハイチの人々を思っています。
 この日々、ごちそうの並ぶ食卓を皆で再び囲むのは好ましいことです。しかし、その間にも、「パンの家」を意味するベツレヘムから視線をそらさないようにしましょう。そして、毎日、大量の食物が無駄にされ、武器のために財源が使われる中、飢えに苦しんでいる人々、特に子どもたちのことを考えましょう。
 ウクライナにおける戦争は最近その状況をさらに悪化させ、アフガニスタンやアフリカの角(つの)地域の諸国をはじめ、全人類を飢餓の危機にさらしています。すべての戦争が飢えを引き起こし、すでに苦しんでいる人たちへ食料供給を妨げつつ、食料そのものを武器として利用することを、わたしたちは知っています。
 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、慰めと、暖かさ、食べるものを求めてわたしたちの扉を叩く、多くの難民、避難民を忘れないようにしましょう。疎外された人々、孤独な人々、孤児たち、人々の叡智でありながら見捨てられがちな高齢者たち、罪だけを見られ人間として見られることのない受刑者たちを忘れないようにしましょう。
 皆さん、ベツレヘムは神の単純さをわたしたちに示してくれます。神はご自身を知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者に、純粋で開かれた心を持つ者に、お示しになりました。羊飼いたちのように、わたしたちもすぐに出かけ、わたしたちの救いのために人となられた神の、想像を絶する出来事に胸を打たれましょう。すべての善の源である方は自ら貧しくなられ、わたしたちの乏しき人間性を乞われます。神の愛に心動かされ、イエスに従いましょう。イエスはわたしたちをご自身の充満に与らせるために、その栄光を脱ぎ捨てられました。
 すべての皆さんに、主のご降誕のお喜びを申し上げます。


◎セルビア大統領、コソボ北部の抗議停止を要請

 【CJC】2008年にセルビアからの独立を宣言したコソボの北部でセルビア系住民による抗議行動が激化し、セルビア当局者は12月28日、アレクサンダル・ブチッチ大統領が抗議行動を停止するよう要請したことを明らかにした。ロイター通信報道として共同通信が伝えた。
 セルビア系の元警察官が12月10日に拘束され、住民の抗議行動につながった。米国とEUは28日、コソボ北部で緊張が続いていると懸念を表明。共同声明で「最大限の自制と緊張を緩和するための行動を直ちに求める」と訴えた。
 セルビア系の元警察官は他の警察官に暴行を加えたとして拘束され、反発した住民が警察と銃撃戦を繰り広げるなどした。


◎「ベラルーシはウクライナ侵攻に参戦しないよう望む」=レズニコフ国防相

 【CJC】キーウ発ロイター通信によると、ウクライナのレズニコフ国防相は12月20日、ロシアがウクライナに対する新たな攻撃を開始するためにベラルーシで攻撃部隊を準備する可能性があるとしながらも、ベラルーシが参戦しないことを望む、と述べた。
 ベラルーシはロシアによるウクライナ侵攻に直接加わっていないが、ウクライナ当局によると、2月24日の侵攻開始以来、ロシア軍はベラルーシの飛行場を使用してウクライナへの攻撃を続けている。
 レズニコフ国防相の発言に先立ち、ウクライナ軍のセルヒー・ナエフ統合司令官は、ミサイル攻撃を行うウクライナの標的を特定するためにロシア軍機がベラルーシ領空で訓練していると明らかにし、ウクライナ軍は「脅威のレベルを下げるためにあらゆる手段を講じている」と述べていた。
 レズニコフ国防相を含むウクライナ当局者は、ロシアのプーチン大統領が19日に国防相と外相を伴ってベラルーシを訪問し、ルカシェンコ大統領と会談したことを受け、ウクライナ侵攻を巡りロシアがベラルーシに、より直接的な役割を果たすことを望んでいるとの見方が出ている。


◎プーチン大統領、習主席の新年初め訪問を期待

 【CJC】ロイター通信報道によると、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は12月30日、中国の習近平国家主席が新年初めに国賓として公式訪問することを期待していると述べた。
 プーチン氏はまた、中国との軍事協力を促進することを目指していると述べたが、中国の国営放送局(CCTV)は、これについて言及していない。
 米国は、中国がロシアに味方することを「懸念している」と述べ、ウクライナとの戦争でロシアに軍事支援を提供したり、西側諸国の制裁を回避するのを助けたりした場合について北京に警告したことを確認した。
 国務省の報道官は「我々は北京の活動を注視している。北京は中立を主張しているが、その行動は、依然としてロシアとの緊密な関係にあることを示している」と指摘した。


《メディア展望》
 
 =カトリック新聞(1月1日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
教皇「世界平和の日」メッセージ=受け全ての危機は関連し合う
教皇の一般謁見講話=目を覚ましている信者に
カトリック新聞創刊100周年に寄せて(日本カトリック司教協議会 会長 東京大司教 菊地功)
司教のための社会問題研修会=「日本の軍拡の現状」と平和
 
 =KiriShin(1月1日・年初休刊)=http://www.kirishin.com
 
 =クリスチャン新聞(1月1・8日)=http://クリスチャン新聞.com
ミャンマー軍事クーデター2年 緊迫状況今も=「人も自分も助かる道求めたい」=クーデター直後からオンライン祈祷会開き続けた渡邉さん
「憲法改正、何が問題?」テーマに星出卓也氏="お墨付き"与える憲法明記=第34回JEA信教の自由セミナー
第2回難民・移民フェス=川口市で=誰も難民紛争問題に無関係ではありえない
聖書同盟ディボーション誌『みことばの光』=新サイクルに工夫 グループ活用も
廃炉作業を阻む高い放射線=地元に痛み強いる処理水放出(木田恵嗣=郡山キリスト福音教会牧師)

月別の記事一覧