小原克博 On-Line

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報

世界キリスト教情報 第1590信(2021.07.12)

  • カナダのトルドー首相、大量の墓見つかった先住民寄宿学校跡地を訪問
  • ナイジェリアで寄宿学校生徒140人拉致
  • イスラエル入植活動関与、とノルウェー年金基金が投資対象から16社除外
  • 「拒否は罪」とロシア正教会が信者にコロナワクチン接種呼び掛け
  • 韓国の国家情報院長が「教皇フランシスコの平壌訪問進めている」と突然明らかに
  • 英メソジスト教会が同性婚容認へ方向転換
  • 《メディア展望》

 

◎カナダのトルドー首相、大量の墓見つかった先住民寄宿学校跡地を訪問

 【CJC】カナダ中部サスカチワン州カウェセス発AFP通信によると、ジャスティン・トルドー首相は7月6日、墓標のない墓が数百基見つかったカウェセスにあるカトリック寄宿学校跡地を訪問した。学校跡地から見つかった墓や遺骨は、寄宿学校で生活していた先住民の子どもたちのものだった。
 トルドー首相は同日、児童福祉に関する権限を連邦政府から先住民に戻すことを定める協定に署名した。署名を前に「ここカウェセス、そして全国で、寄宿学校をめぐる有害な政策によって子どもたちが命を落とした。これは恥ずべきことだ」と語った。
 先住民団体『カウェセス・ファースト・ネイション』のカドマス・デローム代表らとも面会したトルドー首相は、墓が見つかった場所に足を運び、テディベアを手に亡くなった子どもたちを追悼した。
 カナダでは1990年代までに、先住民の子ども約15万人が強制的に国内139カ所の寄宿学校に送られ、家族や母語、先住民文化から引き離された。寄宿学校では子どもたちに対する劣悪な待遇や性的虐待が横行し、4000人以上が
死亡したとされる。


◎ナイジェリアで寄宿学校生徒140人拉致

 【CJC】AFP通信によると、ナイジェリア中北部カドゥナ州で7月5日早朝、武装集団が寄宿制のベテル・バプテスト高校を襲い、警備員を制圧して寄宿生140人を拉致した。教員の1人はAFP通信に対し、拉致を逃れた生徒は25人だけで、140人の所在は不明と話している。
 ムハマドゥ・ブハリ大統領は同日、軍、警察、情報機関に対し、拉致された全員を安全かつ早期に保護するよう指示した。
 ナイジェリア北西部および中部では長年、重武装した集団による略奪や家畜の窃盗、身代金目的の拉致などが発生していたが、今年に入り、学校や大学を標的とする事件が相次いでいる。昨年12月以降に同州で発生した学校襲撃・拉致事件としては4件目。
 武装集団は、寮があり、警備が手薄で、森の潜伏場所に簡単に連行できる地方の学校や大学を狙うことが多い。
 カドゥナ州政府は、狙われやすいと考えられる13校の即時閉鎖を命じた。


◎イスラエル入植活動関与、とノルウェー年金基金が投資対象から16社除外

 【CJC】オスロ発ロイター通信によると、ノルウェー最大の年金基金KLPは7月5日、仏アルストムや米モトローラ・ソリューションズなど16社について、イスラエルのヨルダン川西岸の入植活動に関与しているとして投資対象から外すと発表した。
 ノルウェーは他の多くの国同様、イスラエルによる入植地建設を国際法違反だと指摘している。イスラエルは異議を唱え、聖書の記述や歴史的な結びつき、安全保障上の必要性に言及している。
 KLPは、投資対象から外した通信や金融分野などの企業について、イスラエルの存在を高めることを助長し、国際法違反のリスクがあると指摘。KLPの倫理指針にも反しているとしている。
 KLPの運用資産は第1・四半期末時点で700億ドルだった。2億7500万クローネ(3181万ドル)相当の株式を売却し、6月末に手続きを完了した。モトローラとアルストムは債券も売却したという。


◎「拒否は罪」とロシア正教会が信者にコロナワクチン接種呼び掛け

 【CJC】モスクワ発ロイター通信によると、ロシア正教会は7月5日、信者に対し新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否すれば生涯償う必要のある罪人になるとし、接種を強く呼び掛けた。
 ロシアではコロナ感染が再拡大しており、5日には2万4353人の新規感染者が確認された。このうち6557人がモスクワで確認され、全土の累計は563万5294人となった。政府の専門チームによると、過去24時間のコロナ関連の死者は654人、累計は13万8579人となった。
 ロシア正教会モスクワ教区の広報担当者は国営テレビに出演し、ワクチン接種拒否者は「生涯償う必要のある罪」を犯していると言明。「人々が聖職者を訪れ、自身や大切な人への接種を拒み、意に反して他者を死に追いやったと告白する場面を毎日見ている。罪とは他者でなく自分を思いやることだ」と述べた。


◎韓国の国家情報院長が「教皇フランシスコの平壌訪問進めている」と突然明らかに

 【CJC】韓国のパク・チウォン国家情報院長が7月5日、全羅南道・木浦(モクポ)市の山頂洞聖堂で開かれたマイナー・バシリカ指定感謝のミサに出席し、祝辞で「キム・ヒジュン・カトリック光州(クァンジュ)大司教とアルフレッド・シュエレブ駐韓法王(教皇)庁大使、そして私の3人が教皇の平壌訪問を進めている」と述べ、「この場にいらっしゃる方々に、朝鮮半島に平和がもたらされるよう祈って頂きたい」と述べた。パク院長は当初、祝辞を述べる予定はなかったが、突然登場した。
 同日のミサには、キム・ヨンロク全羅南道知事ら約200人が出席した。


◎英メソジスト教会が同性婚容認へ方向転換

 【CJC】6月30日に開催した英メソジスト教会会議で、同性婚容認の方向へ結婚の定義を変更する提案が、賛成254、反対46の大差で可決された。公営BBC放送が報じた。
 メソジスト教会は、4000以上の教会に約16万4000人の信徒を擁する、英国で規模第4位の大教派。
 英国国教会やカトリック教会では同性婚は認められていないが、スコットランド・エピスコパル教会、合同改革派教会、クエーカー教会などでは容認されている。


《メディア展望》
 
 =カトリック新聞(7月11日)=http://www.cwjpn.com/cwjpn/
教皇フランシスコ=ルーテル教会代表と会談=分裂の痛みを一致への力に
教皇、入院し結腸手術=「予定通り」とバチカン
船員の日=難民委委員長がメッセ-ジ=人々の命を支える船員
エリトリア司教協議会=事務局長に修道女を任命
キリスト教視聴覚センター=子どもの成長のための無料オンライン講習会実施
 
 =KiriShin(7月11日)=http://www.kirishin.com
「賛美歌工房」=2014年以来2冊目の歌集発行=日本語を意識した歌詞と曲で賛美を
ワールド・ビジョンがオンライン企画=シリア危機10年で難民の窮状を共有
ミャンマー「祈りと連帯の集い」=全国の宗教者が祈りのリレー
カナダ中部でも無名の墓数百基=先住民寄宿学校跡地で発見
寄宿学校生徒140人=ナイジェリアで拉致
 
 =クリスチャン新聞(7月11日)=http://クリスチャン新聞.com
ミャンマー・クーデターから半年=宗教者ら祈り=暴力の停止求め連帯
JiSP、JEMA共催=オリ・パラ期間中=100万時間の祈りを
この国はどこまで沖縄を差別するのか=辺野古ハンストに連帯=宗教者らが集

OCC5階に士業事務所集結=様々な教会実務の相談窓口に
東海宣教フォーラムを主導=イムマヌエル綜合伝道団=竿代信和氏逝去

月別の記事一覧