小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

沈黙の iMac

20080823.jpg
 大学の研究室で愛用していた iMac が、うんともすんとも言わなくなりました。電源が入らず、完全に沈黙しています。
 8月初旬におかしいと気づいていたのですが、その後、あれこれ、いじっても動かずじまい。おかしい・・・と思うこと数日。
 そして、ようやく原因らしきことがわかりました。7月暮れの集中豪雨・雷雨の際に、大学近くの落雷のせいで、学内の近隣施設のパソコンや電話機がおかしくなったということを知りました。私の愛機も落雷の犠牲になった可能性が高そうです。
 写真左奥にあるのは、HPのプリンターですが、これが決定的にいかれていました。電源を入れようとすると、液晶パネルに意味不明の文字があらわれ、やはり使用不能状態です。

 iMacについては、Appleのサポートに電話したところ、引き取って修理してくれることになりました。修理工場で、iMacの不具合が落雷のせいだと判明した場合には、実費がかかるだろうとのこと。
 おそるおそる、どれくらいかかるのかと尋ねました。故障の程度により、かなり金額の幅があるようなのですが、最悪の場合、20万円(!)かかるとのこと。が〜ん、という感じです。
 いったい、どうなることやら・・・ 瀕死の iMacの容体については、また追って報告したいと思います。無事の回復を祈りたいと思います。

月別の記事一覧