小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

2011年7月の記事一覧

CISMOR公開シンポジウム「激変する中東の深層を読む」

 7月30日、CISMOR公開シンポジウムが行われ、私も講演者の一人として話をしました。 プログラムの概要は下記の通りです。サミール先生に司会をしていただきました。 とても暑い日だったので、どれくらいの人が来るだろうかと思っていたのですが、用意していたプログラムが足りなくなるくらいの大入り満員となり  ・・・  続きを読む

K-GURS 院生発表会・交流会

 7月29日、京都・宗教系大学院連合(K-GURS)の院生発表会と交流会が大谷大学行われました。 発表のほとんどが仏教関係ですが、テーマが仏典の文献研究となると、さっぱり理解できず、それがかえって心地よかったです。たまに別世界をのぞいてみるのも、いいことです。 ただし、高い専門性を持つことと、それ  ・・・  続きを読む

近代日本における原理主義

 ノルウェーでのテロに関連して、キリスト教原理主義について、7月24日記事(「ノルウェー・テロ:キリスト教原理主義との関係?」)と7月27日記事(「右翼思想とキリスト教原理主義の関係──アメリカとヨーロッパの違い」)で記しましたが、この勢いにまかせて、今日は、近代日本における原理主義について簡単に記  ・・・  続きを読む

右翼思想とキリスト教原理主義の関係──アメリカとヨーロッパの違い

 7月24日記事(「ノルウェー・テロ:キリスト教原理主義との関係?」)に引き続き、ノルウェー・テロにおける課題を整理しておきたいと思います。原理主義に関する本や論文を書いている以上、私も「原理主義」(ファンダメンタリズム)についての専門家の端くれですから、今考えていることを明らかにしておくことは、私  ・・・  続きを読む

予告:CISMOR公開シンポジウム「激変する中東の深層を読む」(7/30)

 以下のように、今週末、CISMOR公開シンポジウムが予定されています。お近くの方、お越しください。 内藤先生、村田先生とも、話し上手なので(もちろん内容もしっかりしていますが)、きっと楽しんでいただけると思います。同志社大学一神教学際研究センター 公開シンポジウム「激変する中東の深層を読む」【日時  ・・・  続きを読む

ノルウェー・テロ:キリスト教原理主義との関係?

 7月22日、ノルウェーで起こった連続テロ事件の背景や容疑者の動機については、今後の調査を待つ必要がありますが、多くのニュースで言及されている、犯人が「キリスト教原理主義者」を名乗っている点について、少しばかり述べたいと思います。 まず、「キリスト教原理主義」の原義はアメリカの歴史的文脈において理解  ・・・  続きを読む

Mac OS X Lion をインストール

 7月20日にリリースされた Mac OS X Lion を早速インストールしました。 まだ新機能のすべてを試していませんが、全体としては、さらに使い勝手が向上したという印象です。 今回、画期的だったのは、メディアによる販売がなくなり、Mac App Store 経由でダウンロードする形になったこ  ・・・  続きを読む

愛犬ノエル、手術・入院

 先日、4匹いる犬のうち、もっとも暴れん坊のノエルが突然下半身を動かすことができなくなりました。病院にいったところ、椎間板ヘルニアの疑いがあるとのこと。後ろ足やしっぽにまったく力が入らないという危ない状態でしたので、急遽、MRIの設備があある京都南部の病院まで出かけてきました。 MRIの結果、やは  ・・・  続きを読む

シンポジウム「いま、なぜ宗教間対話なのか」(7/9、慶應義塾大学)のプレゼンテーション資料

 基調講演「現代世界と宗教間対話」(日本宗教ネットワーク懇談会主催 シリーズ「いま、なぜ宗教間対話なのか」、慶應義塾大学、2011年7月9日)を追加しました。当日用いたプレゼンテーション資料をご覧いただくことができます。説明なしではピンと来ない箇所もあるかもしれませんが、概要をつかんでいただくこと  ・・・  続きを読む

小原ゼミ(学部)コンパ

 月曜日、河原町三条で、学部のゼミコンパを行いました。 4名ほど欠席でしたが、右のような顔ぶれで、にぎやかな時を過ごしました。 今年も、なぜか女性の比率が非常に高いです。私が女子学生に人気があるわけではなく、男子学生の積極派がちょっと少ないせいだと思います。 授業時間中は、発表や質疑応答を滞りなく  ・・・  続きを読む

月別の記事一覧