小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

熊本洋学校教師館ジェーンズ邸

 徳富記念園のあと、ジェーンズ邸に行きました。熊本市観光情報サイトによる説明は下記の通りです。この説明文には記されいませんが、熊本洋学校およびジェーンズ邸はもともと熊本城のすぐ近くにあったようで、ジェーンズ邸は後に現在の場所に移築されました。

 
「県指定の重要文化財でもあり、熊本洋学校に外国人教師・ジェーンズ氏を迎えるために、明治4年(1871年)に建てられた、熊本で最初の西洋建築です。5年間ここで生活をしたジェーンズ氏は、明治9年(1876年)の廃校まで教鞭をとり、自由・自主独立の気風や男女平等思想を教え、日本で初めての男女共学を実施したとされています。また日本赤十字発祥の地としても有名で、洋学校関係の資料のほか、日本赤十字関係の資料も展示されています。」
 
 すでにニュース等で知っていたとはいえ、この目で見たいと思い、ジェーンズ邸を訪ねましたが、文字通り全壊です。徳富記念園で聞いた話によると、重要な資料類も、そのほとんどが瓦礫の下に埋まったままになっているそうです。重要文化財ということもあり、専門家の手によって慎重に一つひとつの部材を移動させる必要があるとのことで、今は手つかずの状態でブルーシートがかぶされていました。
 参考のため、地震の前の写真ものせておきます。素敵な洋館です。復旧にはかなりの時間(そしてお金)がかかりそうです。

月別の記事一覧