小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

講義・講演

講義「政治と宗教の関係──神権政治からリベラル・デモクラシーまで」

 今学期、内藤正典先生、村田晃嗣先生らと共に担当している複合領域科目「国際政治と一神教」の私の担当、2回目の講義をYouTubeにアップしました。1回目は録音し忘れのため存在しません。あしからず。 授業の前半に質問への回答と第1回のやり残しを扱ったため、2回目の講義は1時間弱となっています。限られた  ・・・  続きを読む

YouTube 「一神教と多神教をめぐる倫理的課題」

 先日の講演会の動画をYouTubeにアップしましたので、関心ある方はご覧ください。 時間が30分と短かったので、かなり早口で話しています。自分で聞きながら、「もうちょっと落ち着いて、しゃべれんか?」と突っ込みたくなるほどのスピードです。 講演会後に回収された感想用紙を拝見していても、日本宗教と一神  ・・・  続きを読む

趙 載國「韓国の教会成長の明と暗」

 1月25日、神学部・神学研究科主催の公開講演会として、趙 載國先生(韓国・延世大学教授)に「韓国の教会成長の明と暗」と題して講演をしていただきました。私は司会を務めました。 趙先生は、今年度、神学部の客員教授として滞在され、2月には韓国にお戻りになる予定です。同志社をこよなく愛され、韓国と日本の  ・・・  続きを読む

W・リーネマン「原子力エネルギーと被造物の責任」

 1月24日、神学部主催の講演会が開催されました。ヴォルフガング・リーネマン教授(ベルン大学神学部名誉教授)が「原子力エネルギーと被造物の責任──キリスト教神学の立場から」と題して講演をされました。 スイス、ドイツにおける歴史的取り組みを紹介し、その中でキリスト教界における取り組みについても言及さ  ・・・  続きを読む

CISMOR公開講演会「日本宗教と一神教」(1/21)

 以下のように今週末、CISMOR公開講演会が予定されています。お近くの方、どうぞお立ち寄りください。 もう目前なのですが、私の方は、雑務の中をあえぎあえぎ生きている状態で、なかなか準備が進んでいません。磯前先生は、きっとまとまった、よい話をしてくださることと思います。各講演者の講演時間は30分と短  ・・・  続きを読む

中国プロテスタント教会の歴史と課題

 多忙な日々が続き、すっかり報告が遅くなってしまいましたが、1月13日に立命館大学の金丸裕一先生にお誘いいただき、中国プロテスタント教会を主題とする研究会に参加しました。 一つ目の発表は、松谷曄介先生(八幡鉄町教会牧師、写真右)による「日中キリスト教関係史」。この分野の専門家で、非常に詳しく戦前の  ・・・  続きを読む

講義「キリスト教と平和──3.11以降の時代の中で」

 11月1日に、大学コンソーシアム京都のコーディネート科目「宗教と平和」(チェーンレクチャー)の中の一コマとして話した内容をYouTubeにアップしています。以下のような構成になっています。後半は、中沢新一氏の「日本の大展開」を批判的に論評しながら、原子力エネルギーの問題を考えています。関心のある方  ・・・  続きを読む

[講演] 関根清三「いのちについて──キリスト教倫理と一般倫理のはざまから」

 11月5日(土)、日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター主催の講演会に出席してきました。講師の関根清三先生(東京大学 教授)が「いのちについて──キリスト教倫理と一般倫理のはざまから」というテーマで話をしてくださいました。 旧約聖書(特に創世記)の釈義から、西田幾多郎などの  ・・・  続きを読む

講演「宗教と教育の危険な関係」

 講演「宗教と教育の危険な関係」(日本仏教教育学会 第20回学術大会シンポジウム「仏教と教育と臨床──改めてつながり・縁を問う」、2011年11月29日、大谷大学)を追加しました。 仏教教育に「臨床」というキーワードを重ねたテーマ設定になっていましたので、仏教に問いかけ、またエールを送るような内容に  ・・・  続きを読む

月別の記事一覧