小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

良心学研究センター

シンポジウム「良心学を語る」(9/29)配付資料・動画

   同志社大学 良心学研究センター 公開シンポジウム「良心学を語る──学際研究における方法論的探求」の配付資料と動画をアップしました。 http://ryoshin.doshisha.ac.jp/jp/activity/20170929/    9名の登壇者が10分ずつの発表を行っていますので、  ・・・  続きを読む

案内:シンポジウム「良心学を語る」(9/29)

 9月29日、上記シンポジウムが開催されます。良心学のこれまでの(短い)歩みを振り返り、総括しつつ、次につながる学問的な方法論を共に模索していきます。 9名の先生方が登壇され、多様な視点から議論を深めていく予定です。都合のつく方はぜひご参加下さい。  http://ryoshin.doshisha  ・・・  続きを読む

同志社講座「良心学の挑戦──新たな価値創造のために」(東京)の案内

 秋学期に講座「良心学の挑戦──新たな価値創造のために」が同志社大学東京オフィスで予定されています。関東の方、ぜひご参加下さい。  同志社大学で「良心学」を担当している教員が、それぞれの領域におけるエッセンスを語ります。

シンポジウム「牧会カウンセリングにおけるアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)の可能性:キリスト教と科学的心理療法との接点」(8/27)のご案内

   良心学研究センターが後援するシンポジウム「牧会カウンセリングにおけるアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)の可能性:キリスト教と科学的心理療法との接点」(8/27)の案内です。心理療法に関心のある方は、ぜひご参加下さい。 同志社大学心理学部の武藤崇先生が企画されたシンポジウムです  ・・・  続きを読む

同志社講座(7月7日、東京)「「良心」の現代的意義──神学・外交・インテリジェンスの視点から」

 同志社講座「「良心」の現代的意義──神学・外交・インテリジェンスの視点から」(良心学研究センターと共催)を7月7日、東京で開催しました。満席の状態でした。知の「怪物」佐藤優さんの縦横無尽な語りに対面しながら、中心テーマに引き戻すのにかなり骨が折れましたが、数々のエピソードの中で良心の問題を考える  ・・・  続きを読む

『朝日新聞』掲載記事「同志社大学」(「大学力」)

 6月10日『朝日新聞』朝刊(大阪本社版)の広告特集「大学力」の欄に同志社大学の記事が掲載されました。そこに、わずかながら良心学研究センターのことも触れられています。同じ内容のものを下記ページよりご覧いただくことができます。掲載されている2枚の写真は、昨年のシンポジウム「新島襄と良心」(京田辺)、  ・・・  続きを読む

「良心学の展開」をアップ

   新学期が始まってから、多忙続きでブログの更新がすっかり滞ってしまいました。  新学期の講義「良心学」第4回「良心学の展開──グローバル時代の良心の探求」をアップしました。良心学の基本的な理念、方法論について述べています。ぜひ、ご覧ください。  講義「良心学」については、資料や動画を含む授業用  ・・・  続きを読む

良心学研究センター 2017年度春学期の予定

 同志社大学 良心学研究センターの公開シンポジウム(2017年度春学期)の一覧です。  新年度も、良心をキーワードに、多角的に現代社会の問題に向き合っていきたいと考えています。  それぞれの詳細については、良心学研究センターのウェブサイト(下記)をご覧ください。 http://ryoshin.dos  ・・・  続きを読む

公開シンポジウム「日本からの宗教倫理──深化と発信に向けて」(3月11日)

   3月11日、島薗進先生を講師に招き開催された公開シンポジウム「日本からの宗教倫理──深化と発信に向けて」(良心学研究センターと宗教倫理学会の共催)は、教室いっぱいの参加者にめぐまれ、知的刺激にあふれた時間を共にすることができました。ゲノム編集に代表される最先端の医療技術とも、しっかりと向き合  ・・・  続きを読む

月別の記事一覧