小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

神学部・神学研究科

尺八演奏

 昨日の記事で紹介した、アメリカ人留学生による尺八演奏を聴きたい、というリクエストがありましたので、簡単な動画を掲載しておきます。デジカメによる動画なので、あまり画質はよくありませんが、微妙な首の振りに注目していただければと思います。 尺八演奏の横でギターを弾いているのは、神学部の関谷先生です。尺八  ・・・  続きを読む

留学生クリスマス会

 この時期、毎年のことながら、やはり猛烈に忙しいです。(-.-) 卒論・修論のチェックが山のようにあり、同時に、自分自身の原稿も抱えているという有様で、その上、しっかりと会議や研究会が詰まっているという状況です。  そのような息苦しい日々の中で、昨晩は一息入れることができました。恒例の留学生クリスマ  ・・・  続きを読む

卒業式

 20日は神学部・大学院神学研究科の卒業式・修了式でした。 神学部の場合、全体で70名強くらいですから、だいたい顔と名前とが一致します。 今日は多く語らず、写真を少し多めに載せたいと思います。 右の写真は、モンゴルからの学生バオさんです。彼は大学院前期課程を修了し、後期課程に進学。モンゴルの民族衣  ・・・  続きを読む

公開シンポジウム 満員御礼

 先日予告していました公開シンポジウム「日本宗教から一神教への提言」が本日行われました。 開始の5分くらい前にすでに座席がほぼ埋まり、立ち見来場者が出てきたため、急遽、パイプいすを搬入して対応しました。神学館礼拝堂にこれほどの人が入ったのは久しぶりだと思いますが、およそ300名の方にお越しいただきま  ・・・  続きを読む

公開シンポ「日本宗教から一神教への提言」の案内

 3月15日に下記のように公開シンポジウムが開催されます。 パネル・ディスカッションやフローからの質疑応答にも、たっぷりと時間を取ることができるので、かなりおもしろシンポジウムになると思います。 日本基督教学会近畿支部会が主催なので、キリスト教神学の課題についても批判的に討議できればと考えています。  ・・・  続きを読む

講演会「ES細胞論争と生命の尊厳」報告

 2月10日にキム・ヒョップヤン教授によるES細胞研究に関する講演会が行われました(案内は2/4記事参照)。 今回、わたしは司会を務め、最初に、国内におけるES細胞研究に関する経緯や、その倫理的・歴史的な位置づけについて簡単な紹介をしました。 その後、講演の通訳をしました。少し堅めの論文を土台にして  ・・・  続きを読む

講演会「ES細胞論争と生命の尊厳」

 下記のように2月10日に公開講演会を予定しています。都合のつく方は、ぜひご参加ください。 客員研究員として京都に滞在中のキム先生は、2月中旬には韓国に帰られるので、その前にと思い、急遽思い立って企画した講演会です。したがって、ほとんど宣伝もできていませんので、ご関心ある方々のご来場をお待ちしていま  ・・・  続きを読む

学部ゼミコンパ

 金曜日、学部のゼミコンパをしました。全員の出席はかないませんでしたが、右の写真のような顔ぶれで、四条木屋町付近の居酒屋で、がやがやとやりました。写真は、古くからある音楽喫茶「みゅーず」の前で撮影したものです。 この日が試験最終日の人、また、卒業が危うい4回生もおり、まだ手放しには喜べない状況ですが  ・・・  続きを読む

神学部オープンコース完了

 今年度の神学部オープンコースが無事完了しました。  今年度で退職される野本先生の科目は、貴重なものだと思います。特に、「日本の近代化と同志社」は、同志社理事長が語る同志社像として、歴史的な資料になるのではないかと思っています。 もちろん、森先生の「アメリカ・キリスト教史」も圧巻です。この講義を聴け  ・・・  続きを読む

Kim Heup Young先生来日

 カンナム大学(ソウル)のKim Heup Young 先生とお連れ合いが昨日、京都に到着されました。これから1ヶ月ほど、同志社のVisiting Scholarとして京都に滞在されます。  最初、昨日午後7時頃に同志社に来る予定だったのですが、なぜかJRではなく京阪に乗ってしまい、京阪出町柳で待ち  ・・・  続きを読む

月別の記事一覧