小原克博 On-Line

KOHARA BLOG

KOHARA BLOG

▽(・■・)▽  小原克博 つれづれなるままに。 鮮度の高い、日々の経験をお伝えします。

新着記事

公開シンポジウム「iPS細胞時代の移植医療と生命倫理」

 先日案内していましたが、本日、国立循環器病研究センターとの公開シンポジウム「iPS細胞時代の移植医療と生命倫理」を開催しました。 国循関係者だけでなく、京大をはじめ近隣の医療関係者、および一般の方もたくさん参加してくださり、会場となった同志社礼拝堂がほぼ満席となりました。 移植医療に関する、お一  ・・・  続きを読む

函館旅行

 3月17日から19日まで函館に出かけていました。函館は見所満載の街です。赤レンガ倉庫の美しいベイエアリア、元町教会群、五稜郭等々を見て回りました。 今回、函館ハリストス正教会でニコライ・ドミートリエフ神父から直接に話をうかがう機会を得ることができました。また、普段は撮影禁止の聖堂内部の撮影も許可い  ・・・  続きを読む

CISMORシンポジウム「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか?」(3/14)

 3月14日、CISMOR公開シンポジウム「表現の自由と宗教的尊厳は共存できるのか? ── パリ、コペンハーゲンでの襲撃事件を踏まえて」を以下のような講師・コメンテーターを迎えて、開催しました。講師:近藤 誠一(元・文化庁長官、ユネスコ大使、デンマーク大使/同志社大学客員教授)菊池 恵介(同志社大  ・・・  続きを読む

WCRP平和大学講座「異質なものとの共存を求めて──他者性を考える」(3/6)

 3月6日、伏見稲荷大社で開催されたWCRP(世界宗教者平和会議)主催の平和大学講座「異質なものとの共存を求めて──他者性を考える」にパネリストの一人として参加しました。 基調講演は、拓殖大学イスラーム研究所の森伸生先生が「イスラームの基礎理解」と題してなされ、私と薗田稔先生(秩父神社宮司、京大名  ・・・  続きを読む

案内:「iPS細胞時代の移植医療と生命倫理-ひと・医療・社会-」(3/25)

 3月25日に予定されている「iPS細胞時代の移植医療と生命倫理──ひと・医療・社会」の案内です。詳細は下記リンクをご覧ください。同志社大学が国立循環器病研究センターと協力して行うシンポジウムです。私はパネルディスカッションに参加します。 都合の付く方はぜひ参加して下さい(事前申込みが必要)。ht  ・・・  続きを読む

エジプト出張(5)──モノフィア大学を訪問、講演

 2月23日、カイロとアレキサンドリアの間くらいにあるモノフィア大学を訪問し、講演をしました。日本の近代化、戦争、宗教の共存、寛容などについて、2時間ほど話しました。私はアラビア語ができないため、私が英語でしゃべり、サミール先生がアラビア語に訳して下さいます。このスタイルにも、すっかり慣れてきまし  ・・・  続きを読む

エジプト出張(4)──アル・アズハル大学、アインシャムス大学訪問

 2月22日、アル・アズハル大学とアインシャムス大学を訪問し、関係の先生たちと懇談の時を持ちました。 アル・アズハル大学は中東でもっとも古い伝統をもつ大学として知られていますが、言語関係の学部の先生たちと情報交換しました。最初に私が15分程度の話をし、その後、質疑応答をしながら、互いの関心事を確認  ・・・  続きを読む

月別の記事一覧